NWECグローバルセミナー
NWEC Global Seminar

基調講演・海外の取組紹介:12月1日(水)~12月21日(火) オンデマンド配信
パネルディスカッション:12月16日(木)14:00~16:00 ライブ配信(※ 事前申込 が必要です)

Keynote Presentation: Wednesday, 1 December 2021 to Tuesday, 21 December 2021 (On-demand Videos)
Panel Discussion : Thursday, 16 December 2021 from 14:00 to 16:00 (Live Streaming, Application is required)


趣旨 / Purpose

 世界を席巻している新型コロナウイルス感染症は、あらゆる国や地域で特に脆弱な立場に置かれた人たちに対する暴力や困難という形で露になりました。国連はこれを「陰のパンデミック」であると警告し、コロナ収束後の新しい社会を形成する際に、ジェンダー視点を中心に据えた取組みが必要であることを強調しています。                            
 今年度は、ポストコロナに向けて、ジェンダーに基づく暴力をいかに無くし、新しい社会を形成していくかをテーマに取り上げ、海外の先進事例や経験を踏まえ、課題克服の方策や一人ひとりがどのように取り組んでいくことができるかを考えます。

続きを読む / Read More 閉じる / Close

 基調講演・海外の取組紹介はオンデマンド動画で配信します。基調講演は、米国とオーストラリアで人身取引やDVなどの被害者支援に取り組んでこられた団体からご報告いただきます。海外の取組紹介では、オランダとルワンダの活動が取り上げられます。動画をご覧になっての質問やコメントを、「質問・コメントはこちら」フォームからぜひお寄せください。
 パネルディスカッションでは、ポストコロナを見すえ、女性と少女に対する暴力をなくすためにどのように取り組むべきか、基調講演・海外の取組紹介へのコメントも交えながら、各分野で活躍されている有識者の方々と共に考えます。
登壇者の詳しいプロフィールなどは、 プログラムをご覧ください。

 An alarming upsurge of violence and extraordinary hardships against vulnerable groups has emerged in the face of the Covid-19 global pandemic. The United Nations called it a “Shadow Pandemic” and reiterated the vital needs of women and girls to take a central role in “building back better” after Covid-19.
 This year’s NWEC Global Seminar will focus on ways to combat Gender-Based Violence and build a better society in a post Covid-19 world. Based on the best practices and experiences from overseas, participants of the NWEC Global Seminar will seek ways to combat these challenges and how individuals can approach the issues.
 Keynote Presentations and Initiatives to Combat Gender-Based Violence are provided as on-demand videos. For Keynote Presentations, organizations from USA and Australia will give a speech on the provision of support for survivors of human trafficking or domestic violence. For Initiatives to Combat Gender-Based Violence, activities in the Netherlands and Rwanda will be introduced. If you have questions or feedback, please post it to the “Questions and Feedback” form.
 For Panel Discussion, panelists will discuss ways to combat violence against women and girls in Japan and the world in post-Covid era, reflecting on the keynote presentations and the initiatives from overseas.
 For the profiles of speakers and panelists, please have a look at the “Program”.

基調講演1 (アメリカ) / 

Keynote Presentation 1 (USA)

global
タイコミュニティ開発センターの取組―米国における脆弱な人々への支援(1994年~2021年)
Thai Community Development Center: Protecting the Vulnerable since 1994

続きを読む / Read More 閉じる / Close


ロサンゼルスを拠点に活動している「タイコミュニティ開発センター(Thai CDC)」による、人身取引被害者や移民など、脆弱な立場におかれた人々のエンパワーメントに資する取組についての報告
Presentation on actions taken by Thai Community Development Center (Thai CDC) based in Los Angeles, to contribute to the empowerment of vulnerable including victims of human trafficking and migrants.

1. タイコミュニティ―開発センターの概要
Overview of Thai Community Development Center
 - これまでの歩みと使命 History and Mission
 - プログラムと成果 Programs and Achievements
 - 人権擁護活動 Human Rights Advocacy Work
 - コロナ禍での対応 Thai CDC Covid Rapid Response, Relief, Aid and Emergency Services (Thai CDC CARES)

2. 人身取引における取組(ミネソタ州タイ人の性的人身取引の事例紹介)
Thai CDC's Fight against Human Trafficking -Thai Minesota Sex Trafficking Enterprise 2016-2018

3. 支援にたどり着けない女性に対するアウトリーチ活動
Thai CDC's Outreach Activity for Women Experiencing Violence

4. まとめ Conclusion

基調講演者 / Keynote Speakers

チャンシー・モートレル
タイコミュニティ開発センター 創設者・代表
 Ms. Chanchanit (Chancee) Martorell, Founder & Executive Director
 Thai Community Development Center

パニダ・ゾンカ
タイコミュニティ開発センター 主任弁護士
 Ms. Panida Rzonca, Directing Attorney
 Thai Community Development Center

※英語音声日本語字幕 / English with Japanese subtitles

基調講演2 (オーストラリア) / 

Keynote Presentation 2 (Australia)

global
女性と少女に対する暴力にICTを活用した取組
Violence Against Women and Girls in a Digital World

続きを読む / Read More 閉じる / Close

                               

女性に対する暴力サバイバーを対象とした ICT を活用した取組や、コロナ禍における支援活動に関するオーストラリアからの報告
Report from Australia on ICT-facilitated actions and support activities for survivors of violence against women and girls during the Covid-19 crisis.

1.WESNETの団体紹介 Introduction of WESNET

2.ジェンダーに基づく暴力について Gender-based Violence

3.テクノロジーとジェンダーに基づく暴力について Technology and Gender-based Violence

4.テクノロジーが悪用されている事例紹介 Ways Technology is Being Misused

5.テクノロジーを使った暴力が女性に与える影響 Impact on Women Experience Violence through Technology

6.テクノロジーを利用した支援方法 Ways Technology is Being Used to Assist Women Experiencing Violence

7.WESNETの代表的な活動「セーフコネクション」プログラムの紹介 WESNET's Safe Connection Program

8.ストーカーウェアについて Stalkerware

9.安全なアプリの紹介 Safety Apps

10. 新型コロナウイルス感染症拡大が女性に与えた影響 Impact of the COVID-19 Pandemic on Women

11. 支援者向けテクノロジーを使用した好事例紹介 Best Practices for Supporters in Using Technology

12.まとめ Conclusion

基調講演者 / Keynote Speaker

キャレン・ベントレー
女性のためのサービスネットワーク(WESNET) CEO / セーフティーネットオーストラリアプロジェクト 設立者
 Karen Bentley
 CEO, the Women’s Service Network (WESNET) / Founder of the Safety Net Australia project

※英語音声日本語字幕 / English with Japanese subtitles

パネルディスカッション(Zoom) / 

Panel Discussion (Zoom)

開催日時

2021年12月16日 (木)

14:00~16:00 (日本時間)

December 16, 2021 (Thu.)

14:00~16:00 (JST)

パネリスト

北仲 千里 (特定非営利活動法人全国女性シェルターネット 共同代表)

 Chisato Kitanaka Executive Director, All Japan Women’s Shelter Network

久保田 真紀子 (独立行政法人国際協力機構 国際協力専門員(ジェンダーと開発))

 Makiko Kubota Senior Advisor on Gender and Development, Japan International Cooperation Agency (JICA)

山岸 素子 (特定非営利活動法人移住者と連帯する全国ネットワーク 事務局長)

 Motoko Yamagishi Secretary General, Solidarity Network with Migrants in Japan (SMJ)

吉田 容子 (弁護士、人身売買禁止ネットワーク 共同代表)

 Yoko Yoshida Attorney, Co-Chair, Japan Network Against Trafficking In Persons (JNATIP)

コーディネーター

斎藤 文栄 (公益財団法人ジョイセフ アドボカシー・ディレクター)

 Fumie Saito Director, Global Advocacy, Japanese Organization for International Cooperation in Family Planning (JOICFP)


※パネルディスカッションは全て日本語で行われます。
※This Panel Discussion will be conducted in Japanese only.

※キャンセルされる場合は、お手数ですが必ず rese2@nwec.jp までEメール(タイトル「グローバルセミナーキャンセル」)にてご連絡ください。
※If you would like to cancel, please make sure to send an email to rese2@nwec.jp (subject: Global Seminar Cancellation).

海外の取組紹介
Initiatives to Combat Gender-Based Violence in the Netherlands

なぜかは彼にきいて(オランダ) / 

Ask him why (The Netherlands)

global
 

世界中のDVシェルター支援者が集う、Global Network of Women’s Shelters (GNWS) 主催の「第四回世界女性シェルター会議(4WCWS)」(2019年11月於:台湾)の2日目の最後にステージに登場したのが、このラップソングです。
 日本語訳をつけて全国シェルターシンポジウムでも上映しました。4WCWSでステージに登壇された際に Women Survivors Rap GroupのInge de Boer-Huang さんがこの曲に寄せたメッセージを紹介します。

続きを読む / Read More 閉じる / Close

 「出演している私たちは全員DVや性暴力のサバイバーで、とても大事なメッセージを伝えようと思いラップソングの動画を作りました。政策立案者、研究者、科学者、政治家そしてこの世界中のみなさんにこの歌詞に注目してほしいです。私は、世界中のDVや性暴力の数えきれない数の被害者やサバイバーを代表してここにいます。サバイバーの仲間と一緒にこのミュージック・ビデオを作りました。この歌詞は世界中のDVや性暴力と闘った女性たちの言葉からインスパイアされたものです。“Ask him why”は支援を得ること、くぐりぬけること、癒されること、回復すること、そしてエンパワーメントについての歌です。私たちは痛みの影に隠れているだけでなく、水を雨に変えたのです。この雨はここからもっと広がっていくかもしれません。被害者を責めないで。被害者を侮辱しないで。手をのばし、声をあげましょう。シンボルとして、先住民にインスパイアされたトーキングスティックを手渡しながら歌っています。みなさん、このメッセージをぜひ世界に広めてください。どうもありがとうみなさん。世界に平和を、そしてレッツ、ロックンロール!」
 解説:北仲千里(特定非営利活動法人全国女性シェルターネット 共同代表)

 This rap song was introduced at the end of the second day of the "4th World Conference of Women’s Shelters (4WCWS)" in November 2019 in Taiwan, which was hosted by the Global Network of Women's Shelters (GNWS). This event brought supporters of women’s shelters around the world. We added Japanese subtitles and screened at the National Shelter Symposium in Japan. Here's a message from Inge de Boer-Huang from the Women Survivors Rap Group when she introduced the song at 4WCWS.
 “All the women in the video are survivors of domestic violence and sexual abuse. We created this video in a hope to deliver a very important message to policy makers, researchers, scientists, politicians and everybody in this world. So pay attention to the lyrics. I’m here on behalf of countless victims and survivors of domestic violence and sexual abuse worldwide. Together with my fellow survivors of domestic violence we have created this music video. The lyrics are inspired by quotes from women all over the world who battle domestic violence and sexual abuse. It’s about getting help, processing, healing, recovering, and empowerment. We are not only in the shadow of pain, we have turned water into rain. Oh, positivity gets wide spread. No victim blaming. No victim shaming. Let’s reach out and speak out. As a symbol, I’m going to pass the talking stick to each of you, inspired by indigenous people. Make sure the message gets wide spread. Thank you all, peace to the world, and let’s rock and roll!”
 Commentary by Chisato Kitanaka, Executive Director, All Japan Women’s Shelter Network

※英語音声日本語字幕 / English with Japanese subtitles


海外の取組紹介
Initiatives to Combat Gender-Based Violence in Rwanda

               

インゴマ・ニシャ(ルワンダ) / 

Ingoma Nshya (Rwanda)

global
 ルワンダ初の女性ドラムグループ「インゴマ・ニシャ(新しいドラム、新しい力の意)」によるドラム演奏。創設者が、当事者や社会に起きた意識変革とルワンダに根深く残るジェンダーに基づく暴力について語る動画を紹介。
 The founder of the first-ever Rwandan female drumming troupe, Ingoma Nshya (New Drum / New Power), will explain the powerful transformation brought to women and the society through the art of drumming, as well as the deep-rooted Gender-Based Violence that still remains in Rwanda, interspersed with the footage of their drumming performance.
global

『私にはドラムがある』
 本動画では、インゴマ・ニシャの女性達がコロナ禍のロックダウンでどのように活動を継続したかを描きます。ロックダウン期間中は、ドラムを自宅まで持ち帰り、コミュニティで練習を継続することができました。また、各自がスマートフォンを使用して、練習風景を撮影し、仲間と共有することができました。
"I Have a Drum"
 This video portrays how members of Ingoma Nshya have continued to drum in spite of Covid-19 lockdown. During the lockdown, female drummers brought their drums back home and practiced in their community. Smartphones provided by Ingoma Nshya helped women to film their practice and share videos with fellow colleagues.

※英語音声日本語字幕 / English with Japanese subtitles